生後数日ほどで保護された『双子のハチワレ子猫』は…ピンチを乗り越えながら兄弟の絆を育んだ!

米バージニア州の動物保護の団体に、人の手による保護が必要な子猫たちがやってきました。

その中でも、ハチワレの双子の兄弟は生後数日しか経っておらず…

片時も目を離せないほど、体調も良くなかったそうです。

命の闘い

まもなく2匹は、里親のボランティアを行っているローレンさんのもとに引き取られていきます。

はじめこそ、哺乳瓶からの食事にも悪戦苦闘していた彼らですが…

投薬による治療を行ってから数日、ようやく健康状態が回復し始めました。

体重も増え、顔色もよくなって、ようやくそれぞれの個性が開花。

ジェイスはやんちゃかつイタズラ好きで、かまって欲しがりな一方…

ジャックスは落ち着いていて、心優しい気質なのだとか。

性格こそ正反対ですが、どちらも互いの傍にいる時が、いちばん心休まるようです。

関連:病院の周囲をさまようハチワレ猫。ノラ猫かと思いきや…しょ、『職員証』をぶら下げてる!?

いつまでも一緒に

生後4週間ほどを迎えて、すっかり元気になったジェイスとジャックスは…

相変わらず、常にじゃれ合っているとのこと。

命の危機をともに乗り越えたからこそ、強い絆が芽生えているのかもしれません。

これからも、ずっと兄弟仲良く、幸せに暮らしていってほしいですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ