思わずニッコリ!大変な病気と戦う柴犬が、それでも世界一幸せな理由

飼い主さんの たくさんの愛情を受けてニッコリと微笑んでいるコチラのワンコ。

cap5_R

 
実は、緑内障とクッシング症候群を患っています。

cap4_R

 
名前はシナモン。11歳の柴犬です。

クッシング症候群とは、脳の下垂体から出るストレス反応に関係するホルモンを、過剰に分泌してしまうことによって起こる病気です。

クッシング症候群になると、筋の脱力のためにジャンプや階段登行が困難になったり、無気力になってしまいます。糖尿病を併発することもあり、日常生活に様々な制限をかけなければならなくなります。

 
そして、シナモンの場合は、筋肉の萎縮によって、常に顔が笑っている状態になってしまっています。

笑顔が印象的なシナモンですが、笑いたくて笑っているわけではないのです。しかし、それでもシナモンは世界一幸せなワンコだと飼い主さんは言います。

 
なぜなら、シナモンの笑顔を見ると、どうしてもみんな彼女のことを好きになってしまうから。

cap3_R

 
飼い主のアンドリューさんとアシュリーさんが散歩につれていくと、きまって通りすがりの人たちが立ち止まって、シナモンの笑顔を褒めてくれるそうです。

シナモンの笑顔が、人々の笑顔を呼んでいるのです。確かに、こんなにニッコリとした笑顔で見つめられると、思わずホッコリとした優しい気持ちになってしまいます。

cap2_R

辛い病気にもかかわらず、前向きな気持でシナモンを支える飼い主さんと、ニッコリ笑顔で精一杯生き続けるシナモン。飼い主さんに向ける笑顔は病気だからではなく、シナモンの本心ではないでしょうか。

これからもみんなに たくさん愛されながら、幸せな一生を過ごしてね(*´ェ`*)

cap1_R
               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]