年老いてから出会い、親友となった2匹のアフリカライオン。しかし、既に残された時間は少なく…

米ロサンゼルス動物園で暮らしていた、アフリカライオンのヒューバートとカリサ。

彼らは、初めて出会った日からずっと親友同士でした。

しかし、老化による体力の低下などから…

やがて両者とも、健康的に生きることが困難な状態となっていきます。

老いらくの友

2014年にロサンゼルス動物園に迎えられた2匹は…

出会ったその日から、お互いに離れがたい仲となっていたそうです。

それ以来、動物園の象徴とも呼べる存在を担った彼らですが…

野生で12-16歳とも言われるライオンの寿命を考えると、15歳で出会った2匹にとって、残された時間は多くありませんでした。

そして、ヒューバートとカリサが21歳になった今年。

ロサンゼルス動物園の健康担当のスタッフは、悩みぬいた末…

耐え難い苦痛を取り去るべく、「安楽死」を決断します。

切ない別れに際して、SNSでも多くの追悼の声が寄せられました。

関連:弱ったキツネを発見したライオン。直後、驚くべきことが起こった!!

みんなの反応

●悲しいニュースだなぁ……動物園で、いつもいっしょにいるのを見ていたから……

●仲良く安らかに眠ってほしい

●きっと、向こうの世界でも2匹でいっしょにいるんじゃないかな

●スタッフの方々にとってもつらい決断だったろうけれど、素晴らしい選択だと思うよ

●安楽死ってなると、色々言ってくる人もいるけどね。でも、その誰よりも、きっとこのスタッフたちの方が詳しいだろ。彼らの選択を信じるべきだ

2匹が天国でも仲睦まじく過ごせるよう、心から祈るばかりです。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ