生きる希望さえ持てずにいたとき、チワワに救われた男性。その恩返しに始めたことが…スゴい!!

17年間にも及ぶ結婚生活が不意に終わりを迎え、失意のどん底にいたボビーさんは…

深い悲しみで、自分の未来に希望を持てずにいました。

そんなときに彼を救ったのが、友人から託された1匹のチワワ・レディだったといいます。

変化のきっかけ

もともと大柄でタフな犬種が好みだったボビーさんは当初、小型犬を預かることについて、あまり乗り気ではありませんでした。

更にレディはかなり攻撃的な性格で…

なかなか他人に心を許さず、加えてかなり体調を崩していたのだとか。

しかし、いざ友人から預かってみると…

なんとレディはすぐにボビーさんに懐いて、膝の上に乗っかって甘えるように。

可愛らしいパートナーと過ごすうちに、荒んだ気持ちが少しずつ浄化されていきます。

朝になっても起きられず、仕事に行くことのできない日々さえありました。

レディといっしょに過ごす時間だけが、幸せをもたらしてくれて…

そこで、自分にとっての「レディ」を探そうと思い立ったんです。

やがてボビーさんは「自宅でチワワを引き取って育てよう」と動き始めますが…

その中で多くの子犬たちが虐待・育児放棄されていることを知ります。

人間がどれだけ残酷になれるのか、よくわかりました。

その状況を、ただ黙ってみていることは出来ませんでした。

関連:生まれつき前足のないチワワは、誰からも見捨てられていた。しかし…優しい人間のお母さんと出会って、運命が変わる!!

恩を返す

現実を目の当たりにしたボビーさんは…

まもなく、「チワワ犬専用の救助プログラム」を展開します。

虐待や育児放棄を受けていたり、障害を持っていたり、精神に問題を抱えていたり…

私たちが救うのは、そんな辛い目に逢ってきたチワワたちです。

出来る限り多くのチワワに、健康を取り戻してもらって、素敵な飼い主を見つけてもらいたいですね。

生きる希望を与えてもらったからこそ、自分もまた彼らを救いたい。

素敵な恩返しのエピソードに、胸が熱くなりました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ