孤独を乗り越えて家族になったピットブルの誕生日を、全力で祝いたい。そして飼い主は…『最高のパーティ』を開催した!

まだ幼かった頃、疥癬と呼ばれる皮膚病に侵されていたピットブル・ボリスは…

自分を助けてくれる誰かを、ただひたすらアニマルレスキューで待ち続けていました。

しかし幸運にも、やがて里親として彼を預かることになったアリーさんが、彼のあまりの愛らしさに惚れ込み、正式に飼い犬として引き取って育てていくことを決意します。

誕生日おめでとう

その後、すっかり健康を取り戻したボリス。

彼の3回目の誕生日を祝うべく、アリーさんは全力でパーティを企画します。

地元のベーカリーが焼いてくれた特製のピーナッツバターケーキにくわえ、パーティ用の帽子やバンダナも用意。

招待されたゲストの方々は、ボリスの顔が印刷されたオリジナルシャツを着用して…

さらにカメラマンまで雇い、素敵な思い出を形に残したのだとか。

ここまで本格的なパーティをするというのは、みんな予想外だったみたいです。

ちなみに特製ケーキは、彼一人で数日かけて食べきりました。

関連:2匹のピットブルを引き取ったビリー・アイリッシュが、後に里親としての『Fail (失敗)』を告白。その内容に…感動した!!

出会いに恵まれた

素敵な誕生日パーティの様子を収めた写真は、その後にインスタグラムで話題を呼び…

ボリスは一躍、ネットの有名犬に!

孤独な日々を乗り越えて掴んだ明るい未来。

最高の飼い主さんと巡り合うことが出来て、本当に良かったですね(*´∀`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ