自らの障害を克服し…シェパードとボーダーコリーのミックス犬は、『他者を救う』ために尽力する

ジャーマンシェパードとボーダーコリーのミックス犬・ブローディ。

彼は生後13日というまだ幼い時期に、母親から攻撃を受けて…

一生残り続けるほどの障害を負いました。

消えない傷

ブローディの顔や頭蓋は、深刻なダメージを受けており…

アゴが上下でくっつき、視界の一部もありません。

その後アニマルシェルターに引き取られ、一度は飼い主が見つかるも…

興奮しやすい性格が災いして、再び施設に戻ってきてしまいます。

「生涯の家」を探すのは、難航するかもしれない。

そう思われた矢先…

ネットを通じてブローディの情報を知ったアマンダさんが、彼の引き取りに名乗り出ました。

確かに興奮しやすいところはありますが、とても賢い犬ですよ。

一度教えたことは、ほんの10分もせずに習得してしまうんです。

彼は現在セラピー犬としての訓練を積み…

自分と同様、ハンディキャップを抱える人々を支えるために、日々努力しているそうです。

関連:シェパードと暮らすボーダーコリーに『あなたの親友は誰?』と尋ねたら…可愛すぎるリアクションに、思わず胸キュン!!

家族の支え

幸せな家庭で歩みだした、第二の生。

生まれの不幸にも負けずに前進を続けるたくましい姿へ…

心からのエールと、称賛の拍手を送らずにはいられませんね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ