ユニークな顔をもって生まれた子猫。引き取られた先で、同じ個性をもつ兄猫に出会い、なんとか仲良くなろうと大奮闘!

染色体異常をもって生まれた、三毛猫のモリー。

そのために鼻の骨がなく、特徴的な顔立ちをしていました。

 
モリーが引き取り手を探しているという情報を知ったミカラさんは…

Facebookに掲載されていた写真を一目見て、運命的なものを感じたそう。

というのも、実はミカラさん宅に住んでいる子猫のモンティが、全く同じ特徴を持っていたのです。

運命の出会い

それまでは屋外で暮らしていたというモリー。

ペットになるという環境の変化に、当初は不安そうにしていましたが…

ミカラさんのお家をとても気に入ったようで、すぐ馴染むことができました。

 
またモリーは、モンティにもあっという間に心を開きましたが…

一方のモンティはというと、初対面にも関わらずやたら懐いてくるモリーに、少々困惑していたようです(笑)

初日から、モリーはモンティにお腹を見せていましたね。

信頼しているというサインです。

でもモンティが嫌がっているときは、モリーも無理に近づいたりはしませんでした。

 
一緒にいる間、いつも幸せそうに鳴く「新入り」。

その熱意に、最後は根負けするような形で…モンティも彼女を受け入れたといいます(*´艸`*)

彼らが互いに擦り寄っていたのを初めて見たのは12月1日、モンティの誕生日でした。

ちょっと感動しましたよ。

 
兄妹のように仲良しになった2匹。

同じ個性を持つもの同士、なんだかんだで気が合ったのかもしれません。

モンティは愛情深くて、気の良い子なんです。

モリーは、私たちにもよく懐いてくれましたが…

彼のことは特別な存在だと思っているみたい。

関連:ユニークな顔立ちの子猫を引き取ったら、驚くほどハグ好きだった。さらに、次にきた子猫にもそのクセが感染って…!?

運命的な出会い

モリーは、モンティが行く場所へはどこへでも付いていき…

一方のモンティは、モリーの姿が見えなくなると、何処にいるのかを探して呼ぶのだとか。

モリーもモンティも特別な手助けが必要な子たちで、彼らが生きていくためには少し特殊な環境が必要です。

でも、他の子と違う姿で生まれたからって、素晴らしい暮らしを送ってはいけないなんてことは絶対にありません。

2匹とも、愛情を欲している可愛らしい子猫です。

普通の子猫を飼うよりは少し大変かもしれないけれど、それに見合う価値があります。

 
偶然にも、自分と同じ境遇の仲間と巡り合うことができた兄妹。

優しい飼い主さんの元で、これからも2匹仲良く幸せに暮らしていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ