マイペースすぎるハスキーが、ドッグショーの障害物レースに挑戦したら…そのゆるーい走りぶりで、一躍SNSのスター犬に!?

シベリアンハスキー犬のロボは、かなりマイペースな性格の持ち主。

 
英ウェストミンスターで行われたドッグショーでも、そんな彼の持ち味は変わりませんでした!

気ままなレース

挑戦したのは、ハードルやポールなどを避けながらゴールを目指し、タイムの速さとミスの少なさを競う障害物レースです。

 
スタート直後、最初のハードルは軽快にジャンプしてみせたロボでしたが



なれない状況に好奇心を刺激されたのか、以降のハードルを無視して会場をうろうろ(笑)

 
お次のポールの隙間を互い違いにすり抜けていくパートでは、まさかの障害物を完全無視し…

トレーナーのデイヴィスさんに指示されても、のんびりとしたペースは変わりません(;∀; )

 
やがてゴールするも、今回のレースにおけるベストタイムが29秒35であった一方…

ロボの記録は、その倍以上の76秒32。

更に、60点もの失点というおまけつきでした!

関連:「初めての炭酸水」に挑戦するハスキー。ぱちぱちとハジける泡にビックリしつつも、やがてお気に召したようで…!?

怪我の功名?

しかし、このマイペースすぎる障害物レースの様子は、SNSを通じて200万回以上再生され…

優勝したわけでもないのに、ロボは一躍ネット上での有名犬に。

 
競技は、結果ばかりが全てではない!

そんな大前提を、改めて思い出させてくれる一幕ですね( *´艸`)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ