共に暮らすゴールデンレトリバーのそばで、『電動ヒゲソリ』を使っていたら…なんとも切ない悲劇が起こってしまった

英在住のジョエルさんは、仕事柄、ヒゲを伸ばしてはいけないことになっています。

ゆえにその日も、奥さんに手伝ってもらって、電気シェーバーでヒゲを剃っていたのですが…

 
結果、4歳のゴールデンレトリバー・イーヴィに「思わぬ不幸」が降りかかってしまいました。

まさかの剃り跡

ジョエルさん夫妻の息子・クリスチャン君は、突然の電気シェーバーの大きな音にびっくりして、たいへんに怖がってしまいます。

 
奥さんのレイチェルさんは、電気シェーバーが怖いものではない、ということを伝えるために…

愛犬のイーヴィに近づけ、毛をカットするモノマネをしていました。

 
するとイーヴィが突然、頭を動かしてしまい…

なんと、自分から電気シェーバーに頭を押し付けてしまったのです(((;゚Д゚)))

 
そして…絶妙な位置に剃り跡が残り、まるで動物の貯金箱のように。

イーヴィはもともと距離感が近くて、よくくっついてくる子だったんですが…

たぶん、私たちが何をしていたのか、興味津々だったんでしょう。

 
自分の身に何が起きたかも分からず、茫然とするイーヴィ。

むしろ何が起きたのか知らないままの方が、幸せかもしれません…!

関連:浜辺で遊ぶ、たくさんのゴールデンレトリバーたち。その中に…『とびきりハシャいでる1匹』を発見してしまった!!

万が一のために

もう二度と、犬の近くで『ヒゲ剃りごっこ』はしません。

そういうのは、プロの方にお任せしたいと思います。

 
飼い犬と暮らす皆さんは、十分にご注意を…!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ