【子猫】 生まれつきの奇形で足がねじれている子猫は、毎日のリハビリもめげずにこなし…やがて「冒険好き」に成長を遂げた!!

アメリカ・ロサンゼルスの保護団体Friends for Life Resucue Networkに運び込まれた、クイルという名の子猫。

 
生まれつき前足がねじれていた彼女は…

預かりボランティアのメンバーであるメルさんと夫のゼインさんに引き取られるなり、すぐに彼らへ甘えだしたそうです。

頑張り屋さん

それからクイルは、毎日数回のリハビリを小さな身体でたくましくこなしていきます。

成長中の骨がまっすぐ並んでくれるように、まず手首を保温パッドで温め、それからマッサージとストレッチで靭帯や腱を緩めるんです。

 
どんな挑戦が立ちはだかっても平然と立ち向かい、他の子猫との違いも全く気にしません。

おバカさんで好奇心旺盛で優しくて…パパが大好き。

パパはリハビリが終わると、ヒーローみたいにさっと彼女を抱き上げて、なでなでするんです。

 
もし誰かが近くを通れば、すぐに小さな鳴き声で気を引こうと励み…

 
ほとんどの時間を、パパの首元で過ごすのだとか。

 
とっても気持ちよさそうな寝顔が、たまらなくかわいいですね( *´艸`)

関連:【子猫】 病気を抱えながら、過酷な多頭飼育の現場で生きてきた子猫は…『人間への信頼』を、少しも失っていなかった

新しい友達

そしてメルさんの元では、もう一つ素敵な出会いがありました。

 
保護猫としてメルさん夫妻に引き取られた過去を持つチェスターは、クイルがやってくるとまっすぐ歩み寄り…

まるで元から親友であったかのように、隣に座ったそう。

 
お互いに必要なものがわかっていたのか、彼らはすぐに強い絆で結ばれました。

 
素晴らしい仲間にも恵まれ、やがて美しい猫へと変貌を遂げたクイル。

 
障害に負けず前向きに生きる彼女には、きっと明るい未来が待ち受けていることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ