パーソンラッセルテリアを看取った帰り道。失意の中で車を走らせ、愛犬の散歩コースに差し掛かったとき…『ある奇跡』が起きた

今年の6月20日。

米ニューヨークで、14歳のパーソン・ラッセル・テリア犬のサニーがこの世を去りました。

 
そして、その死の数時間後。

飼い主であったルーシーさんは、とある奇跡を体験します。

雲の向こうで

ルーシーさんは恋人の運転する車に乗って、愛犬が息を引き取ったシートに腰かけていました。

 
そして彼らがちょうど、サニーの好きだった散歩道に差し掛かったとき



窓の外の雲が、まるでパーソンラッセルテリアの顔のように見えたといいます。

恋人の彼は、本当に信じられないって言っていました。

でも、きっとサニーは、「私は大丈夫だよ」って雲の向こうから教えてくれたんだと思います。

あの出来事は、私にとって宝物のような思い出です。

 
偶然の一言で片づけてしまうには…

あまりにも不思議で、切なすぎるお話ですね。

関連:【衝撃】 ともに暮らすヨークシャーテリアをトリミングした飼い主が、『ビフォーアフター写真』を投稿…かと思ったら!?

愛犬との絆

なお、ルーシーさんが一連のエピソードをSNSに投稿したところ…

別の方からも、以下のようなリプライが寄せられています。

ウチの子も先週に亡くなったんだけど、家族付き合いのある人からこんな写真が届いたの。

ちょうど亡くなった愛犬の話をしているときに、この雲が出てきたのよ。

 
旅立ってもなお、主人のことを見つめている。

犬たちの優しさや健気さへ、想いをはせずにはいられない一幕でした。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ