牧場で暮らすゴールデンレトリーバーは、とっても子煩悩! 飼い主が連れ帰って来た動物の赤ちゃんに、今日もせっせと愛情を注ぐ

牧場で暮らすゴールデンレトリーバー犬のロリン。

 
彼女は、飼い主のアンドレアさんが連れ帰ってきた生まれたばかりの動物たちに対して…

まるで我が子のように愛情を注いであげるといいます。

犬のお母さん

愛情深い性格のロリンにとって、種族の違いというのは些細なもの。

子猫だろうが、鳥の雛だろうが、ロリンにとってはみな守るべき子どもたちなのです。

 
ある日も、アンドレアさんが自宅に子ヤギを連れ帰ってくると…

例によって、ロリンの母性が爆発!

 
生まれたばかりの兄弟たちにそっと寄り添って、安心感を与えてあげます。

 
子ヤギたちもまたロリンを受け入れて、彼らはあっという間に仲良しに。

親ヤギへ接するように、後ろにくっついて歩き回り始めます。

 
やがて、ロリンは彼らを引き連れて、牧場での暮らし方を教えてあげるようになりました。

関連:近所の家に迎えられたゴールデンレトリーバーと、どうしても遊びたい少年。そして彼は…「手紙」を書くことに決めた!!

垣根を越えて

いつしか子ヤギたちは大きく成長し、ロリンよりも大きな体になってしまいましたが…

親子の関係は、いつまで経っても変わらないまま。

 
種族の垣根を越えた美しい絆に、心が温かくなりますね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ