漫画家『納得も反論もできない』 誹謗中傷を巡る、友人の助言は…

それは漫画家のはぁとふる倍国土(@keiichisennsei)さんが、『アンチへの対処法』について、友人と話していたときのことでした。

 
なるほど…(´・ω・`)

悲しい現実

正論であるとはいえ、やりたい仕事をできているのは努力した結果。

納得できないのも、ごもっともです。

 
一方で、こんな声も…

 
不満を言っても仕方ないが、誰もが不満を持っている。

そのような世の中で…「互いに耐えるしかない」という状況は、やはりどうにかして変えていかなければなりませんね。

関連:クレーマー『なめんなよ!Twitterで…』 続く「脅迫」に、力が抜けた

みんなの反応

●仕事柄そういう人と遭遇する事は少なくないですが「好きな事が仕事=苦しくない」みたいな夢を押し付けられるのは切ないですね。夢と現実にはギャップがあるものです

●嫌味や文句を言いたいこともある! 妬みや恨みも出てくると思う! 人間だから! でも、それをアタマで思うのと、本人にぶつけるのでは、天と地ほども違いますよ…

●それは…『やりたい事は仕事にできない』『したくない事を我慢してやるのが仕事』という呪いを自他へ強めますね…。うらやましい、妬ましい時こそ一瞬でも応援するようにしたら自運も良くなってきました

●昔私の周りにもこんな風に自分の苦しみ悲しみを八つ当たりしてくる人がいた。あなたはいいよね。こんな苦しみ悲しみ知らないんだからって。でもこちらにはこちらの苦しみ悲しみがある。自分の都合だけで他人に殴りかかるのは間違っているし、それを容認することは結局傷を癒すことにならないと思う

 
深く考えさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ