オーストラリアの動物病院で保護されたポッサム。その姿が…ポケモンの「ピカチュウ」にそっくりだと話題に!?

オーストラリア・メルボルンの動物病院に連れてこられた、親のいない一匹のポッサム。

その姿が、「あのポケモン」にそっくりだと話題を呼んでいます



 
ピ、ピカチュウ!?(;∀; )

やせいの ピカチュウ が あらわれた!

黄色の毛並みが特徴的な彼女を保護したのは、『Boronia Veterinary Clinic』。

 
同動物病院のFacebookによれば、『フクロギツネ(Common Brushtail Possum)』と呼ばれる種類なのだそう。

金色の体毛は、突然変異による色素メラニンレベルの低下が原因ですね。

目立ってしまうので、捕食者にも狙われやすいため、野生ではとても珍しいんですよ。

 
普段は樹の上で生活しているポッサムですが、彼女は地面にいたところを発見されました。

獣医の方によれば、「母親の背中から落ちてしまったのではないか」とのこと。

 
親切な人の手によって保護されたことは、まさしく幸運だったようです。

関連:ポケモンセンターを訪れたら、ある『店内アナウンス』に感動した!!

未知との遭遇

彼女は十分に大きくなるのを待ってから、野生へと返される予定なのだとか。

 
ゲームの世界が現実になったかと思わせるほどの愛くるしさに、心がほっこり癒やされました(*´∀`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ