牧場に暮らす正義感あふれるジャーマンシェパード。頼れる「番犬」として、かよわい動物たちを今日も守り続ける

警察犬や番犬としても活躍しているジャーマンシェパード。

「飼い主のためなら命を投げ出す」とも言われるほどの忠実さと正義感で知られる彼らですが…

 
シェリルさんの愛犬・サージについても、それは例外ではありませんでした。

牧場と番犬

米オハイオ州の小さな「牧場」で暮らしているというシェリルさん。

 
ここでは、かつて人に飼われていたものの、飼い主の都合で独りぼっちになってしまった動物たちや…

親とはぐれたり、怪我をしてしまった動物などを保護しているようです。

彼らは、食用の家畜ではありません。

他のすべての動物たちがそうであるように、愛されるために飼育されているんです。

 
そしてサージは、この「牧場」にとっては欠かせない、とある重要な役目を任されています。

 
それは、シェリルさんが家に連れ帰ってきた動物たちの「保護者」になってあげること。

 
彼は他の動物たちが大好きで、特にまだ幼い子どもを見ると放ってはおけないのだとか。

 
事の発端は6年前、シェリルさんの家族ぐるみの友人が、1匹の幼い子鹿を発見したことから始まりました。

 
その子鹿は、道路のど真ん中で力なく横たわっていたところを発見され、動物好きとして知られていたシェリルさん一家のもとへ託されます。

 
以来サージは、初対面にもかかわらず、まるで「自分の役目だ」といわんばかりに彼の面倒を見るようになったんだとか。

ジャーマンシェパードとしての本能により、かよわい存在を放ってはおけなかったのかもしれません(*´∀`*)

関連:「一緒に暮らす子どもたちを起こす係」に任命されたジャーマンシェパード。素晴らしい働きっぷりに、ただただ拍手!!

動物たちの絆

シェリルさんの牧場では、他にも多くの種類の動物が暮らしているとのこと。

優しい保護犬のサージを含め、その微笑ましい生活の様子を捉えた写真は、ネット上でも人気を博しています。

 
種族の垣根を越えて絆を結ぶ動物たち。

その姿に、心がほっこり温まりました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ