【子猫】 前足を持たずに生まれた子猫。2本足でも楽しく毎日を謳歌する彼女は、『かわいそうな猫』なんかじゃない!

子猫のパンケーキは、前足を持たずに生まれました。

 
飼い主の女性は、「彼女に家族を見つけるのは難しい」と聞き…

すぐに引き取りを申し出たと言います。

 
当時、パンケーキは生後8週。

なんとか自分で食べられるよう昼夜を問わずスプーンでご飯を与えます。

 
始めこそ、ほとんど仰向けで過ごしたそうですが…

すぐに動き回るようになり、立つこともできるようになったのだとか。

前足はなくても…

そんなパンケーキの体には、3つ目の足のように見える小さな塊があるのだとか。

 
完全に機能しているわけではありませんが、遊んだり動いたりする時には助けになっているようです。

尻尾も他の猫とは少し違いますが、まるで何も問題がないかのように遊びまわります。

 
立ち上がって遊んだり、ママのベッドに飛び乗ったり…

食欲も旺盛で、トイレも上手に使いこなしているそう。

 
肩に登るのもお手の物。

後ろ足でとてもうまくバランスを取ることができるので、まっすぐ立つ姿はまるでミーアキャットのようですね(*´∀`*)

 
夜はママの読んでいる本を噛み、朝は起こすために足を攻撃し…

他の子猫と同じように、やんちゃに過ごします。

関連:【子猫】 衰弱しきって『一晩もつかわからない』と言われた子猫。しかし小さなファイターは皆の予想を裏切り、戦い続けた!

「できないこと」よりも「できること」を

パンケーキを見ると「あれができない、これができない」と言って、かわいそうな猫だと思う方もいます。

しかし、彼女のママは、決してそんな風に感じません。

こんなにも短い期間で、どのくらいたくさんのことができるようになったかを考えると…

実際には、わくわくするんです。

 
前足が無くても、自分らしく日々を楽しむパンケーキ。

 
これからもその前向きな姿は、たくさんの人々を勇気付けることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ