人間をずっと怖がっていたシャイな野良猫は…3匹の子猫との出会いを経て、いつしか「頼もしい先輩」へと成長した!!

野良猫に避妊・去勢を施すプロジェクトの一環で保護された、赤毛の猫・グース。

 
野生での暮らしが長かったためか、非常に臆病な性格の持ち主で…

屋内に保護されてからも、人の目から隠れようと必死になっていたといいます。

3匹の子猫

彼を保護した団体のスタッフであるジュリアさんは…

初めのうち、彼は本当に怯えきっていましたね。

それでも、どうにか屋内での生活を体験してみて欲しかったんです。

 
グースは治療を嫌がったり、人間を怖がったりすることはあっても、けっして「威嚇」することはありませんでした。

彼は野生の本能が強いというわけではなく、ただとても内気な性格だったんです。

同じネコ科の友達さえできれば、もしかしたら社交的になってくれるかもしれない、と思っていました。

 
そこでジュリアさんたちは、何匹かの人懐っこい猫たちを紹介してみますが…

残念ながら、グースはそう簡単に心をひらいてくれません。

 
一方その頃。

ジュリアさんの所属する保護団体に、生後6週間ほどの3匹の子猫がやってきます。

 
すると、お互いに紹介されたグースと子猫たちは…

なんと初対面にもかかわらず、すぐに意気投合!!

 
あれほど人見知りだったはずのグースが、自分から子猫たちにすり寄っていったのです。

 
子猫たちもまた、ちょっかいをかけたり、毛づくろいをしてもらったり、グースの親愛の情をすぐに受け入れました。

 
そしてこの一件を機に、グースは少しずつ心の殻を破っていきます。

初めて出会った頃よりも、ずっと勇敢になりました。

私たちの姿を見ても、怯えたりはしなくなったし…

子猫たちにとっての良い見本となるように努めているみたい。

関連:『野良猫問題について』と書かれた回覧板。その内容を読んで…泣いた

運命の出会い

「後輩」とのコミュニケーションが功を奏し、グースは一人前の大人の猫へと成長を遂げました。

 
子猫たちにとっても、頼りになる年上の猫と友達になれたことは、幸運と呼ぶほかありません。

お互いに素敵な巡り合わせとなって、本当によかったですね(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ