【子猫】 生まれつきの緑内障で、まったく目が見えなかった子猫は…優しい飼い主の家で、ヤンチャ坊主に大変身した!

Facebookで保護者を募集していた、盲目の子猫。

 
その姿に一目惚れした米コロラド州在住のデヴィンさんは、すぐさま引き取りを決意します。

目は見えなくても

CJという名前を付けられた子猫は、生まれついて緑内障を患っており…

内側からの圧力で、眼球が膨張してしまっている状態でした。

残念なことに、以前の飼い主はまったく彼を気にかけず、治療にも連れて行ってあげなかったそうです。

 
特に、右の眼球の状態は悪く、感染症のリスクを避けるために切除の必要がありました。

 
幸いなことに、手術は問題なく成功。

健康を取り戻したCJは、心身とも活力に満ちた子猫に大変身します。

本当にやんちゃな性格で、自己主張の激しい子ですね。

ご飯を食べていると、膝の上に飛び乗って、「自分も欲しい」と要求してくるんです。

 
目がまったく見えていないことを、CJ自身は気にもかけていない様子。

 
視力を失った代わりに他の感覚器が発達しているのか…

家の中を走り回ったり、飼い主さんに甘えたり、何不自由なく振る舞います。

目は見えていなくても、生活にはまったく支障はありません。

本当に、普通の猫と変わらないですよ。

関連:【子猫】ハンバーガーショップで見つかった一人ぼっちの子猫。地域の人々や先輩猫の助けを借りて…ようやく幸せを手に入れた

それぞれの幸せ

その後も彼は、すくすくと元気いっぱいに成長していきました。

 
生まれの不幸やハンディキャップをものともせずに、素敵な暮らしを手に入れたCJ。

優しい飼い主さんと巡り合うことが出来て、本当に良かったですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ