【子猫】 過酷な環境で育ち、臆病になってしまった2匹の子猫。障害を抱えながらも支え合い…やがて「人への信頼」を取り戻した

アメリカ・カリフォルニア州で、とある女性が「なかなか引き取り手の見つからない2匹の兄妹猫がいる」との噂を耳にしました。

このままでは施設に送られてしまうため、子猫を保護し、SNSで助けを求めると…

投稿を目にした保護団体Friends for Life RescueNetworkからすぐに連絡が入ります。

 
サンパーとフラワーと名付けられた2匹は、預かりボランティアのメルさんの元でケアを受けることに。

 
前の飼い主の元では、ひどい扱いを受けていたのでしょう。

怯えて、ずっと身を寄せ合っていたといいます。

パートナーとともに

加えて彼らは、足の奇形も患っていました。

2匹とも生まれつき前足の“とう骨”と呼ばれる部分がありません。

サンパーには3本しか指がない前足もありました。

 
様々な困難を抱えていた子猫たちですが…

より勇気のあるサンパーが少しずつ心を開いていくと、誰からも逃げていたフラワーもそれに続きます。

 
日に日に自信に満ちていき、メルさんが近づくことも許してくれるようになりました。

お互いにとても頼りにしているみたい。

視界に入っていないと、どちらかが探しに行くんです。

 
その後もどんどん人への信頼を深めていった2匹。

 
障害自体は手術を必要とするようなものではありませんでしたが…

メルさんは、出来る限り彼らの生活に負担がかからないよう、特別な床を敷いたり、リハビリをしたり、様々な配慮をほどこしました。

関連:【子猫】 神経の障害でフラついてしまう子猫。しかし、優しいケアのもとで健やかに成長し…やがて『親友』とも出会った!

念願かなって

それから1年。

献身的なケアの果てに、ついに彼らは、一緒に暮らせる『生涯の家』を見つけることができたそう!!

 
辛い環境を支え合って乗り越えたサンパーとフラワー。

これからも仲良く、楽しい思い出を紡いでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ