【子猫】 アニマルシェルターにやってきた小さすぎる子猫。成長が危ぶまれる中で「最高の家族」と出会い…やがて幸せを掴む!!

米フロリダ州のアニマルシェルターへ連れてこられた、生後わずか5日の子猫・ケルヴィン。

幼くして母猫と離れ離れになったためか、その体重はたった100グラムほどしかありませんでした。

 
そこでスタッフは、他の子猫たちもあわせ…

出産したばかりの雌猫・ジュールへ、彼の世話を託してみることに決めます。

新たな家族

期待は的中し、ジュールは幼い子猫たちをすぐに受け入れ…

母乳を分け与え、毛づくろいもして、まるで我が子のように愛情を注ぎはじめました。

 
さらに、お姉ちゃん的存在の子猫・ルーメンもケルヴィンのケアに加勢。

食事が終わるたび、彼女は弟分の体をギュッと抱きしめてあげていたといいます。

 
子猫たちの里親となったリサさんによれば…

彼らはみな、違う親から生まれた子猫同士でしたが、とても仲良くやっていました。

特に、ルーメンとケルヴィンの仲の良さは群を抜いていましたね。

 
献身的な母親と姉に守られながら、ケルヴィンも順調な成長を遂げていきます。

2週間のうちに、その体重は倍に増えて、ルーメンとも仲良く遊びまわるようにまで体力もつきました。

 
しかし、どれほどケルヴィンが大きくなっても、お母さんのジュールとしては心配なようで…

すやすやと眠る子猫の小さな身体に、いつも寄り添ってあげていたのだとか。

 
保護される前は、独りぼっちの子猫だったケルヴィンですが…

どうやら、最高の家族に恵まれたみたいですね。

関連:【子猫】 寂しがりの子猫にクマのぬいぐるみをプレゼント。すると、想像以上に愛着がわきすぎてしまったため…!?

ハッピーエンド

やがて仲良し姉弟のルーメンとケルヴィンは、幸いにも同じ飼い主さんの元へと引き取られていきました。

 
母親のジュールや他の子猫たちにも無事に引き取り手が見つかり、まさに大団円。

彼らが今後も、快適な飼い猫暮らしを思う存分満喫できるよう祈ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ