『息抜きで来ないで』 スーパー店員の悲痛な叫びに、うなずく他ない

外出自粛が叫ばれる中、懸命にライフラインを維持する立場として…

スーパーの店員(@snuk_oc)さんが、こんなつぶやきを投稿しました。

 
仰るとおり…!!

もっと危機感を

スーパーの店員さんは、さらに続けます。

 
リスクと戦いながら働いてくれている方、そして他の誰でもない『自分の家族』のためにも…

これ以上の感染者を出さぬよう、社会全体で可能な限りの対策に努めていきたいものです。

関連:店員に『コロナだろ!』と暴言を吐いた客。その理由に、絶句した…!

みんなの反応

●私はスーパーで働く側ではありませんが、同意見です。私はコロナが出てからは一人でスーパーに行きます。片腕が使えず荷物持ちを頼みたいけれど、自分の家族の感染はもちろん、スーパーなどで働いてくれている方の感染のリスクを少しでも減らすべきだと思うから

●商業地のすべての仕事が危険と隣り合わせになる日が来ようとは、昨年の今頃は思っていませんでした。従業員の命にかかわるルールやマナーを顧客が守るよう、協力を求めるメッセージを店側は視覚にも聴覚にも訴えるべきだと思います。国全体を守ることでもあるのですから

●私も家族総出での買い物客をよく見かけます。家族総出で居られるとどうしても至近距離になったり、スペースが塞がれてしまいます。荷物が持てないとかなら1人以外は店の前で待つとか、車なら駐車場までカート持っていけるだろうし車で待っとくとか考えてほしいなと。複数人だと会話もしてしまう

●もっと行政側の呼びかけと、スーパー自身にも工夫が必要と思います。人数制限とか連れ禁止とかマスク着用入店とかこのままではスーパーが感染源になる可能性有ります。非常識なお客が多いですね

 
切実なお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ