【子猫】 飼い主に見放された妊娠中の母猫は、新たに保護された先で…無事に出産を乗り越え、『素敵な家族』を育んだ!!

1匹の美しい黒猫が、英バーミンガムの保護団体に連れてこられました。

 
彼女はお腹に赤ちゃんを身ごもっており、手助けを必要としていたのですが…

飼い主だった方は、「もう興味がなかった」のだといいます。

母親のために

妊娠から相当の期間が経過しており、状況は一刻を争いました。

里親のボランティアを行っていたエミリーさんは、すぐに救いの手を差し伸べます。

 
母猫には、ウィンターという名前が与えられました。

彼女はすぐに、私たちにも懐いてくれました。

まるでイルカの鳴き声みたいにのどを鳴らすのが、もう本当にかわいくて。

 
そして、エミリーさんのもとに引き取られてから2週間と少し経った頃…

ウィンターは、4匹の美しく健康な赤ちゃんを産みます。

これが3度目の出産となるウィンターは、それまでの経験と体力を総動員して、ありったけの愛情を子猫たちに注ぎました。

 
片時も赤ちゃん猫たちから離れずに、お世話を続ける一方で…

ウィンターは救いの手を差し伸べてくれたエミリーさんに、何度ものどを鳴らして感謝を伝えます。

今まで出会った猫の中でも、ダントツで人懐っこくて、愛らしい子です。

彼女を助けてあげられて、本当に良かった。

 
子猫たちの名前はそれぞれ、マギー、タビサ、アイヴィ、ロビンに決定。

 
4匹とも元気いっぱいで、冒険心や好奇心の赴くままに、屋内での生活を満喫し始めたそうです。

関連:【子猫】 多くの障害を抱えて生まれた小人症の子猫。世話をするうち、彼女の魅力にハマってしまった里親ファミリーは…

窮地を乗り越えた

母子ともに無事出産を乗り越えることができたのは…

ひとえに、エミリーさんを初めとしたボランティアの方々が、彼女たちを献身的にサポートしたおかげでしょう。

 
か弱い命を救うために尽力する人々には、頭の下がる思いです。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ