【子猫】 人間に怯え、ケージの隅で震えていた子猫。それでも、施設のスタッフたちが懸命に愛情を注ぎ続けた結果…!?

米ロサンゼルスの保護団体のもとに、1匹の臆病な子猫がやってきました。

私たちは、自治体の所有する保護施設から彼女を引き取りました。

飼い主となってくれる方がなかなか現れず、安楽死させられそうになっていたんです。

心の殻

のちにレジーナと名付けられる子猫は、尋常じゃないほどに人間を怖がっており…

ケージの後ろに隠れたまま、耳をぺたんと垂れさせて、近づいてくる人々を威嚇していたといいます。

調べてもらったところ、レジーナにはもう大人の歯が生えていました。

彼女の年齢は、私たちの想定より3か月ほど進んでいたんです。

 
幼少期の過ごし方は、子猫の生育にとってとても重要。

もう大人になりかけているレジーナにとって、「今から人との共同生活に慣れていく」のは難しいことかもしれません。

それでも、保護団体のスタッフの方々は、けっして望みを捨てませんでした。

 
初めのうちは、レジーナは人間を怖がり続け…

物陰に隠れようとしたり、威嚇したりを繰り返していました。

それでも、根気強く愛情を示し続けるスタッフたちに、レジーナは少しずつ心を開いていきます。

 
隠れることを止め、抱っこやブラッシングを受け入れるようになり…

三週間目には、初めてのどを鳴らして、自分を可愛がってくれる人間に甘えてみせました。

どうやら、人間に飼われる生活も悪いものじゃない、と思い直してくれたようです。

関連:【子猫】 変わった形の鼻をもち、脳の障害から歩き方もぎこちない子猫は…その「むくれ顔」で、頑固な先輩猫をメロメロにした!

一歩ずつ前進

ようやく心の殻を打ち破ったレジーナに、スタッフたちは他の猫を紹介してあげました。

年上の猫・シンバは、内気な彼女にとって、頼りになるお兄ちゃんのような存在です。

レジーナは、ちょっと負けず嫌いなところもあるみたい。

自分より大きなシンバとも、よく取っ組み合いしていますね。

シンバもそれに付き合って、やられ役になってあげているんです。

 
優しい仲間に囲まれて…

彼女が今日も、幸せな時間を過ごしていることを切に願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ