【子猫】 玄関先に置き去りにされていた、大きな瞳を持つ子猫。病気のせいで敏感な肌を守るため、服を着せてあげたら…

米シカゴ郊外のとある住宅の玄関先に、1匹の子猫が置き去りにされていました。

 
まだ幼い彼は、首に大きな傷を負っており…

その存在に気付いた住人は、すぐに動物病院へと連れて行ってあげます。

最適を探して

小動物専門の獣医のエリーゼさんは、運ばれてきた子猫について次のように振り返りました。

彼はとても恥ずかしがり屋で、控えめな性格の持ち主でしたね。

けれど日が経つにつれて、遊び好きで社交的な一面を見せるようになっていったんです。

 
子猫の愛らしさに心を奪われていたエリーゼさんは、里親の役目を引き受けます。

 
両目がかなり大きかったため、映画『スター・ウォーズ』に登場する生き物にあやかって、名前は「ポーグ」に決定。

 
ご飯の世話や体調管理に加え…

皮膚の脆さや痒みを引き起こす遺伝性の疾患「エーラス・ダンロス症候群」を患っていた彼には、特別なケアが必要でした。

 

どうしたら彼の肌を傷つけず、健康な状態を保っておけるのか…

それを模索するのには、とても苦労しました。

でも、今では一番いい方法が見つかったんです。

 

洋服を着せてあげることで、肌をダメージから保護できることが分かったんです。

それからは、彼にピッタリで着心地のいい洋服をいつも探していました。

 
また、同疾患から引き起こされる目の障害も、毎日欠かさず目薬を差してあげることで、かなり改善されていきます。

そして…このころには、エリーゼさんも正式にポーグを飼い猫として引き取る決心を固めていました。

関連:【子猫】 高速道路の壁の上で立ちすくんでいた子猫。優しい警察官が駆けつけると、「待ってました」とばかりに保護されて…

素敵な出会い

やがてすっかり元気になったポーグは、持ち前の冒険心を思う存分に発揮して家の中を駆け回るように。

彼は自由奔放で、すばらしい性格の持ち主で…

私たちの生活に喜びをもたらしてくれています。

 
惜しみない愛情を注ぐ飼い主と、彼女を癒す子猫。

まさに、お互いにとって最高の出会いだったようですね(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ