【子猫】ヨーダにそっくりな耳を持つ子猫。動物病院に引き取られると、そのキュートさでスタッフみんなを魅了した!

ノースカロライナ州ローワン郡にある地元のレスキュー団体に連れてこられた、1匹の小さな野良猫。

 
彼女は首に怪我をしているのに加え、上気道感染症にもかかっていました。

魅力あふれる小さな猫

すぐに「Cabarrus Animal Hospital」へと送られ治療を受けた子猫は、可愛らしい外見とキュートな癖で、スタッフみんなを魅了していきます。

彼女はベイビーヨーダに似た耳を持っており、「ヨーダ猫」と呼ばれるようになりました。

 
性格はおとなしく、恥ずかしがり屋。

門歯がないため、しばしば舌が口元からのぞきます。

 
ぬいぐるみのように可愛らしい彼女は、人間のお友だちと一緒に時間を過ごすのが大好きで…

カンガルーの赤ちゃんのように、洋服のフード部分に入っては、すやすやと眠ってしまうのだとか。

関連:【子猫】 散歩中、藪の中で子猫を発見。そのまま飼い猫の後ろをついてきてしまったので、一時的なつもりで面倒をみたら…

輝く未来

動物病院での適切な医療ケアにより、順調に回復しているヨーダ猫。

 
もうご飯や住む場所の心配をする必要はありません。

 
怯えて暮らしていたのは、もはや過去のこと。

ようやく幸せを掴むことができた彼女の未来は、いま明るく輝いています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ