【子猫】「引き取り手がなければ安楽死させる」 そう告げられて病院に運び込まれた子猫を、ひと目見た受付の女性は…!?

ある日、野良猫用の捕獲罠にかかり、動物病院に運びこまれた子猫のサイモン。

 
動物管理局の職員は、「もし貰い手がなければ彼を安楽死させなければならない」と伝えたそうです。

小さな折れ耳とビーズのような瞳を持つ生後1週半の子猫に、病院の受付をしていた女性は思わず目を惹かれました。

 
そして彼女は、すぐに引き取りを申し出ます。

18歳の猫を数年前に亡くしましたが、そろそろ新しい子をむかえる心の準備ができていたんです。

元気一杯

女性の自宅に連れ帰ってもらった子猫は、24時間体制でケアを受けます。

ご飯やトイレ、構って欲しくて鳴いているとき以外は…

ちょうど使おうと思っていた物の上で寝ているんです(笑)

 
お気に入りの子豚の人形なしでは遠くへ行かないというサイモン。

部屋を走り回った後は、いつも疲れ切ってしまうのだとか。

私は、彼にご飯をいっぱいあげることと…

好奇心旺盛に育ててあげることを、心に決めたんです。

 
その言葉通り、サイモンは元気いっぱいに育っていきました(*´∀`*)

関連:【子猫】おでこにある模様のせいで、いつも「困った顔」に見える子猫。しかし実際は…やんちゃなイタズラっ子だった!

ずっと一緒に

数週間後、そこにはますます魅力たっぷりに育った彼の姿が。

 
女性は目を細めてこう語ります。

眼に映る物すべてを攻撃するほどやんちゃですが…

私にとっては、他の何にも代えられない存在なんです!

 
安楽死を逃れた小さな子猫は、優しいママの元で新しい生活を手に入れました。

これからも幸せな日々が続くことを心から願います。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ