とある上司が、新人の報・連・相を円滑化した『たった一言』とは?

ハギマルシェ (@hagi_marche)さんは、『新人教育』のあるべき姿勢を巡って、こんな呟きを投稿しました



 
『最速で適切なリカバリーにつながれば、全部許す』

これは大切な教えです…!!Σ(゚д゚;)

『優秀なトップマネジメントの鉄則』

ミスの性質によっては、対応が遅れることで、更なる被害拡大につながるケースもあります。

だからこそ、把握は早いに越したことはありません。

 
大切なのは、その場の叱責ではなく、『次の行動』をどう促すか。

誰かを教える立場にある者すべてが、心に刻み込むべき共通認識ですね。

関連:「レジェンド」と呼ばれるオバサン社員。その理由が…カッコいい!!

みんなの反応

●とても素晴らしいことだと思いますが、同時にその寛容さを身に付けられる人材は非常に稀だとも思います…

●この考え方拡がれ!

●これはマジ。報告→怒られる、連絡→怒られる、相談→怒られる。「あなたには報連相ができない」って言ったら逆ギレされる。コードを書くことが怖くなったんだぜ。分からないことも、頼ることも、できあがったことも全部怒られたんだ。何をしろって言うんだ。これで俺は病んだ

●こんな先輩につきたかった

 
ハッとさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ