家事中の妻を、スマホ片手に見てた夫が…「信じがたい言葉」を放った

2児の母であるむとむと(@m_t0mt0m)さんが投稿した、『家事』を巡る旦那さんとのエピソードに注目が集まっています。

 
おっしゃる通り…!!

口よりも手を動かす

その後も『説教』は続いたようで…

 
なお、効率化の具体的な方法を聞いてみると、大抵「いや俺は分からないけど何かないの?」と返ってくるそう(;∀; )

 
まずは目の前で起こっていることが、本当に『非効率的』であるかどうか…

旦那さんはぜひ一度、ご自身の手で確かめてみたほうが良いかも知れませんね。

関連:飲み会で朝帰りしたいという夫。しかし、妻が「ある条件」を出すと?

みんなの反応

●あのですね、旦那さんに言いたいのはまず「家事を奥さんの仕事と認定しているとして、横になりながらスマホ片手にその講評をしている時点でおかしいと思わないか?」という点です

●自分が動かない人ほど上から言いたがるのは夫婦でも会社でも同じ。やる人なら自分から動くか一緒に動くか、口を出すにしても言葉とタイミングを選ぶことを必ず考える

●効率化を提案してきてもそれは2、3日で崩壊する。終わりのない、イレギュラーな事が多い家事は思ったより継続的な効率化は難しい。その都度考えてるから同時タスクをいくつ抱えるかなの。このタスクが終わったら次のタスクが追加される。常に何個ものタスクを抱え、今週の家族の動きも頭に入れてたり…

●仮に料理が出来なくても、皿洗いから片付けまで、洗濯して干して取り込んで簞笥にしまうまで、生活必需品の在庫管理、子どもたちのルーティン管理などなど、夫でも出来ることは沢山ある。家事に終わりはないし、家庭のことはどれをとっても自分事。ちなみに私は夫

 
深く考えさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ