【子猫】 道にぐったりと横たわっていた瀕死の子猫。人々の必死の看護によって、かろうじて命を繋ぎ留め…奇跡の回復を遂げた!

カナダ・モントリオールの歩道にぐったりと横たわっていた、1匹の子猫。

発見した女性は、すぐに駆け寄ってその無事を確かめます。

 
のちにマディと名付けられる彼女は、かろうじて生きてはいたものの…

もはや、呼吸だけに持てる力の全てを注いでいるような状態でした。

生死の境

発見者の女性は、瀕死のマディを放っておくことはできず、動物病院へと連れて行きます。

 
彼女の身体は、骨と皮しかないほどに痩せ細っており…

脱水症状の他、多くの健康上の問題を抱えていました。

 
病院スタッフはまず、冷え切ったマディの身体を温めます。

どうにか平熱を取り戻したあとは、傷の治療と水分補給へ。

か弱い命を救うため、出来る限りの措置を施しました。

 
その後、地元の保護団体に連絡を取って里親を見つけ、真夜中に輸送を決行。

 
生き残ったのは奇跡といえるほど、多くの困難に見舞われていた彼女ですが…

幸い食欲は旺盛で、生きるために必要なエネルギーをもりもりと蓄えていきます。

 
昼夜を問わずに献身的な看護を続けた里親にも、非常によく懐いたとのこと。

 
やがて回復したマディは、すっかり甘えん坊になり…

撫でてあげると、すぐにすり寄ってくるんですよ。

いつでも傍に居たいみたいで、パソコンを操作しているときは必ず近づいてきます。

関連:【子猫】 3mも積み上がったゴミ山から救出された子猫。発達障害を患いながらも…やがて彼女は、立派な『肩乗り猫』に成長した

奇跡の生還

後に飼い主となってくれる方も見つかり、無事に「生涯のお家」へと引き取られて行ったマディ。

 
小さな子猫を救うために尽力した人々へ、心からの拍手を送りたいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ