【子猫】 車に轢かれ、両足を骨折した子猫。保護したピアニストが、わずかな回復の可能性にかけてサポートし続けた結果…

ある日、著名なピアニストにして動物保護活動も行っているというサルパー・ドゥーマンさんは…

後ろ足を引きずりながら、助けを求めて鳴いている子猫・ピティと出会いました。

彼女は、車に轢かれたんです。

後ろ足が両方ともひどく骨折してしまって、さらに右の前足も折れていました。

一縷の望み

まずは5日間、懸命に看病を行い…

 
十分な体力と健康を取り戻した所で、折れた骨をピンで固定する手術にのぞみます。

 
結果は無事成功。

術後のお見舞いに訪れたサルパーさんを見るなり、ピティは必死に手足を動かしながら、甘えようと近寄ってきたそうです。

 
ただ、手術こそ乗り切れたものの、彼女の骨折はかなり重く…

獣医からは、「もしかしたら2度と歩けないままかもしれない」との診断が。

 
それでもサルパーさんは、彼女の足が完治する可能性を諦めませんでした。

外科医の先生も、それから私も…

どれだけ時間がかかっても、彼女は歩けるようになるはずだと信じていたんです。

 
その期待に応えるように、ピティの足は数日後に感覚を取り戻し…

なんと手術の翌週には、自力で立てるほどに回復します。

彼女の進歩は素晴らしいものでした。

外科医の先生は、彼女はどこかの家に引き取られるべきだと判断しました。

その方が自由に動き回ることが出来るし、病院に居続けるよりもずっといいと。

 
こうして、サルパーさんはピティを自宅で引き取り…

そのリハビリを手伝うことに決めました。

関連:【子猫】 カップから頭が抜けなくなってしまった子猫を目撃。保護しようと罠を仕掛けたら…まさかの展開に!?

奇跡の回復

彼女はその後も、目覚ましい速度で回復していき…

2ヶ月も経つ頃には、他の猫と遜色ないくらい自由に動き回れるほどになったのだとか。

 
これもすべて、優しく献身的にリハビリに付き合ってくれたサルパーさんのおかげといえるでしょう。

彼に拾ってもらえたことは、ピティにとって最高の幸運だったに違いありません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ