動物に全く興味がなかった男性の人生は、「ある子猫との出会い」で一変した!

とある男性は、自宅の裏庭から猫の鳴き声が聞こえてくるのに気が付きました。

何事かと、音のする場所へ行くと…

フェンス下にある岩壁の隙間に、生後数日ほどの子猫が挟まっていたといいます。

 
岩壁の一部を壊して救出したものの…周囲に母猫の姿はなく、どうやら捨てられてしまった様子。

男性は、彼女を自宅で保護してあげることに決めました。

 
温かいベッドを用意してあげ、2時間半ごとにミルクを与える毎日が続き…

 
保護してから11日目。

ついに目を開いてくれました!

 
目が見えるようになってからは、家中を探索し始めるようになった子猫。

 
体も、靴下と同じくらいにまで大きくなりました。

 
そして、幼い頃に母親と離れてしまったからか…

成長するに連れ、とっても甘えん坊な性格が顔を出し始めたそうです(*´艸`*)

 
どんな体勢でも、飼い主さんにべったりするのが大好きです。

 
「どこ行ってたの~!」

 
寂しかったのか、出張から戻ったときはこんな風になかなか離してくれません(笑)

関連:里親への保護猫の受け渡しが破談に。きっかけとなった『一言』とは?

ほんとに可愛くて、愛情深い猫に成長してくれた。

今まで一度も動物を飼いたいと思ったことはなかったけど、今ではこの子がいてくれてよかったと思えるよ。

 
ふとした出会いが、人と動物、両方の運命をがらりと変えることがあります。

幸せなエピソードに、ホッコリさせていただきました!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ