【子猫】 後ろ足に奇形を患う子猫が、保護された先で同じく障害を抱える子猫に出会ったら…すぐに意気投合し、大親友に!

ある日、野良猫として保護されて地域の保護シェルターへとやってきた生後6週の子猫。

彼女は、足に奇形を患っていました。

1本は特別に長く、もう1本は付け根があるだけで足の先がありません。

 
偶然にも彼女を目にした米マサチューセッツ州にある保護団体「The Odd Cat Sanctuary」のタラさんは、彼女の引き取りを決定。

私たちの使命は、障害を持った猫や虐待を受けた猫…

そして、ユニークな猫を救うことなんです。

甘えん坊

メンバーの車で運ばれる間、子猫は腕に鼻を擦り付けてずっと喉を鳴らしていたと言います。

 
施設につき、名前はミリーに決定。

 
元気いっぱいの彼女は、すぐ探検を始めると…

部屋中走り回って、疲れたらタラさんの肩で甘えます。

 
障害を抱えているにも関わらず、何でもこなしてみんなを驚かせました。

彼女は自信に満ち溢れて、優しくて…

狂ったように走ったり遊んだりして、喉を鳴らし続けているんです。

関連:【子猫】過酷な環境で、たった独り生き残った子猫。辛い経験を乗り越えた彼は、やがて「イケメン猫」に成長し…幸せを掴んだ!

新しい友達

その後、施設に慣れてきたミリーは、先輩猫たちと対面することに。

そのうちの1匹で、足に同じように障害を持つルーシーとは特に気があったようです。

ルーシーは大親友の猫を亡くしたばかりなので、新しい友達ができて嬉しかったのでしょう。

すぐに彼女を受け入れてくれました。

 
それ以来、2匹はずっと一緒に過ごしています。

彼らのお気に入りの遊びは、部屋中をレースすることなのだとか。

 
まるで、自分の障害に気がついていないかのように遊びまわるミリー。

大親友と支え合い、仲良く元気いっぱいに成長していって欲しいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ