【子猫】 駐車場で見つかったビショ濡れの子猫。一人ぼっちだった彼女は、新しい家族の元で「最高のお兄ちゃん」に出会った!

ある雨の日、カナダ・ケベック州にすむキャシーさんは、託児所の駐車場で猫の鳴き声に気付きます。

音をたどっていくと…ゴミ箱の間で、びしょ濡れになったガリガリの子猫を発見。

走ってどこかへ隠れようとした所を追いかけ、何とか道に出る前に保護することができました。

 
その後、赤ちゃん用のブランケットで包んであげると、10分ほどは威嚇していましたが…

 
キャシーさんが彼女を助けようとしていることを理解したのでしょう。

落ち着きを取り戻すと、腕にすり寄ってくれたと言います。

彼女はずっと喉を鳴らしていて…助けられたことを喜んでいたみたい。

 
飼い主も見つからなかったため、キャシーさんは彼女をウィペットと名付け、新しい家族として迎え入れることにしました。

頼もしい先輩

ご飯とお水を与え、お風呂にも入れてあげると、ウィペットはすぐに心を開き始め…

まもなくキャシーさんの肩で眠りに落ちてしまったと言います。

 
また、先輩猫のオレオも新しい家族を大歓迎。

 
初めての対面を果たすと、すぐに小さな妹を気に入り…

ウィペットも、彼の後を着いて歩き始めたのだとか。

 
以来、2匹は互いにくっついて離れなくなりました。

 
オレオのすることなら何でもやりたがるウィペットは、トイレの使い方も一緒に勉強中。

 
ご飯の後は、お昼寝の前の毛づくろいをしてもらいます。

関連:【子猫】 兄弟を亡くし、たった1匹生き残った子猫。母猫の深い愛情を一身に受けた彼は…やがて元気なイタズラっ子に成長した!

ずっと一緒

その後もすくすく育ち、生後4ヶ月を迎え、ますますたくましくなったウィペット。

 
今でも変わらずオレオの影のように付いて回り、決してそばを離れないそうです。

 
これからも仲良し兄妹として、幸せな日々を送って行ってほしいですね(*´∀`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ