【子猫】 助けを求めて鳴き続けていた、生後わずか1日の子猫。ギリギリのところで救助されると、持ち前の人懐っこさを発揮した!

カナダ・モントリオールにて、生後わずか1日の子猫が、独りぼっちでいるところを発見されました。

 
まだ生まれたばかりのため、目も見えず耳も聞こえない状態にもかかわらず…

彼は、助けを求めるようにして大きな声で鳴いていたといいます。

あたたかい家

発見者の男性は母猫を探して周囲を見渡しましたが、それらしき姿はありません。

身体は冷え切り、またかなり弱っているようで、放っておけば命も危ぶまれます。

そこで男性は、動物看護士のジェシカさんに助けを求めました。

 
ウッディと名付けられた子猫は脱水症状を引き起こしており、また体重も軽すぎます。

ジェシカさんは彼の身体をあたためながら、栄養補給のための食事も用意。

もう1人の看護師と交代しながら、2時間おきに欠かさず食べさせ続けました。

 
そんな尽力の甲斐あって、彼はどうにか生きるための活力を取り戻します。

幸いにも食欲は旺盛で、1週間のうちに体重も倍ほどに増えたのだとか。

 
その後、里親のもとへと引き取られていったウッディ。

自分のお世話をしてくれる人間のお母さんにも、すぐに心を開きました。

どうやら、かなり人懐っこい性格の持ち主だったようです。

 
暖かくて快適な屋内で、おいしいご飯にたくさんの愛情を与えられ、ぐんぐんと成長。

 
発見された頃の、小さく弱りきっていた子猫の面影は、もうどこにもありません。

関連:【子猫】 残飯で生き延びていた人懐っこい子猫を、放っておけず保護したら…仕事を見守ってくれる「最高の相棒」になった!

飼い猫になった

生後11週間ほどになったウッディは、人間との共同生活にもすっかり適応し…

やがて、無事に飼い主となってくれる方も見つかったとのこと。

 
これからは寒さや空腹とは無縁の、最高のインドア生活を満喫していってほしいですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ