【子猫】 火災でひどいやけどを負い、つま先をなくしてしまった子猫。そんな彼に同情した男性が、救いの手を差し伸べて…

カナダのオンタリオ州サドベリーで、ガレージの火災から救出された1匹の野良猫。

前足と背中、頭部の一部にひどいやけどを負っていたため、すぐに動物病院に運び込まれ、適切な治療が施されます。

 
ドビーと名づけられた彼は…

助けてもらったことを感謝するかのように、スタッフたちにすり寄って甘えました。

運命の出会い

その後、ソーシャルメディアを通してドビーのことを知ったロブさんが、動物病院を訪れます。

僕らは、すぐに打ち解けることができました。

包帯にくるまれたドビーは、一緒に遊びたがっていて…

帰ろうとしたときなんて、腕によじ登ってきて、なかなか離してくれませんでしたよ。

そんな彼を置いて立ち去るのは、胸が痛みました。

 
自宅に戻ってからも、ずっとドビーのことが頭から離れなかったロブさんは…

最終的に、彼を里子として引き受けようと決意します。

 
新しいお家には3匹の先輩猫が暮らしていましたが、皆歓迎してくれたようで…

 
まるでリーダーのように振る舞いたがる新入りを、温かく見守っているそう。

関連:【子猫】 1匹は盲目、1匹は片目が見えない子猫の姉妹。暗闇の中で、彼らは「決して揺るがぬ絆」を結んでいた

新しい生活

つま先がないことを除けば、他の猫と何ら変わらないドビー。

毎日、部屋の中を走り回ったり、おもちゃで遊んだりするほか…

抱っこしてもらうのが大好きで、お薬を飲むのもとても上手です。

 
辛い経験を乗り越えて第二の人生を歩み始めた彼が、この先もずっと安心して生活できるよう祈ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ