ヴァイオリン奏者の里親に引き取られた、小さな茶トラの子猫は…とっても『音楽好き』だった!!

フランスのヴァイオリン奏者、エスター・アブラミさんは…

地元のアニマルシェルターでボランティア活動を行うほど、大の猫好きです。

施設でも、お世話しきれないくらい、たくさんの猫を抱えているときは…

里親になって、彼らを手伝うようにしているんです。

音楽好きの猫

そんな彼女のもとに、保護団体から1件の連絡が。

聞けば、人の手によるサポートを必要としている子猫がいるとのことだったので…

エスターさんは、自宅で引き取ることに決めました。

子猫はおよそ生後1-2か月ほどの幼さで…

面倒が見られなくなった前の飼い主によって、捨てられてしまったといいます。

ペティ・ロゼと名付けられた子猫は、たいへんに人懐っこく、また好奇心旺盛な性格の持ち主。

ヴァイオリンの演奏にも、すぐに興味を示しました。

音楽のセンスがあるのか、エスターさんの膝や肩の上に乗っかっては…

目を閉じて、うっとりと聞き入っているそうです。

優しい演奏者のお母さんと、人懐っこくて音楽好きな子猫。

まさに、運命のような出会いですね。

関連:

離れていても

やがて温かな引取先を見つけたペティ・ロゼは、めでたく飼い猫として引き取られていくことに。

新しい家族は、彼がヴァイオリン好きであることを知って、録音されたエスターさんの演奏を自宅でも流してあげているそうです。

その音色を聞くたびに…

優しい里親のお母さんのことも、きっと思い出していることでしょう。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ