【子猫】 1匹は盲目、1匹は片目が見えない子猫の姉妹。暗闇の中で、彼らは「決して揺るがぬ絆」を結んでいた

子猫の姉妹・ローラとルーシーは、米アイダホ州の小さなレスキューグループによって保護されました。

 
体の大きい姉のルーシーは、完全に視界を失っており…

また妹のローラも、片方の目でしかモノを見ることができない状態です。

盲目の姉妹

2匹の子猫は、いつもお互いにぴったりと寄り添っていました。

その様子はまるで、失ってしまった視界をお互いに補い合っているかのようだったといいます。

 
姉妹を救ったレスキューグループは、あまり大きな団体ではなかったため…

2匹に必要な治療を施してあげることができません。

そこでスタッフは、アメリカ中の保護団体に連絡を取り、なんとか彼らを受け入れてくれるよう頼み込みました。

 
幸いにも、米ウィスコンシン州にある保護団体がこの声に応じ…

2匹の子猫たちは、飛行機での長旅を経てそちらへ引き取られていきます。

 
保護された当初は、かわいそうなほどに痩せ細っていたローラとルーシー。

しかし里親の家で暮らすうちに、みるみると健康を取り戻していき…

たった2ヶ月のうちに、体重も倍ほどに増えたのだとか!

 
無論、環境が変わっても、2匹の絆は変わりません。

ローラが残された片目の治療のために外出する間…

ルーシーはベッドで眠ることも食事をとることもせずに、じっとその帰りを待っていたそうです。

関連:【子猫】 残飯で生き延びていた人懐っこい子猫を、放っておけず保護したら…仕事を見守ってくれる「最高の相棒」になった!

よりよい未来へ

その後、里親や獣医の先生は、ローラの片目を治すために全力を尽くしましたが…

残念ながら、最終的に2匹は完全な盲目となってしまいました。

 
しかし、たとえ目は見えなくとも…想ってくれる人々と、頼れる『姉妹』がそばにいる限り、彼らが孤独を感じることはもうないでしょう。

堅い絆で結ばれた子猫たちに、さらなる幸せが訪れることを心から願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ