【美しい】 宮城の「とんでもなく繊細なお菓子」がコチラ…!!

ビキ(@biki203)さんが写真付きで紹介した、とある「仙台の銘菓」に注目が集まっています



 
美しい…!!(((;゚Д゚)))

飴のアート

目を奪われる、その名も『霜ばしら』。

熟練した職人しか作れない飴菓子で、湿気と破損を防ぐため、こうして「らくがん粉」に埋められているのだそうです。

 
販売は、10月から4月の期間限定で行われているとのこと。

九重本舗玉澤さんの公式HPから購入可能なため、気になった方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか(*^^*)

関連:さすが愛媛…!! お土産に貰った「みかんのペン立て」がスゴすぎた

みんなの反応

●これ去年気になって百貨店でお取り寄せしてもらったけど、割れないよう粉がギッチリで、取り出す時失敗して不器用な私は割りまくりましたwwwでもお味も繊細です!買う価値あるよ~!

●これねぇ、すごい美味しいからみんなに食べてもらいたい。霜ばしら。おばあちゃんの家で茶道のお稽古とかで生徒さんからいただいてたなぁ。お茶請けとして最高の贅沢。みんなに食べてもらいたいけど、いつも品切れでしかも季節限定だから幻かな?ってなるw 味もほんとにほろほろって幻みたいな感じ

●去年買ったけどうますぎて秒で消えた。お店からも秒で消えるから出会えたら買うべき

●うちの実家の大河原町の名産品で冬しか作れないんです。回りの砂みたいなのも食べれますよ。アメなのですけどサクサクしておりまして気づいたら一瞬でなくなります

 
芸術的な光景に、他のユーザー達からも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ