【子猫】 遺伝性の疾患を持つ子猫と、同じ症状を抱えた「妹」。2匹はお互いを支えながら、ともに回復していった!!

ある日、ロサンゼルスを拠点に活動している動物レスキュー団体「Friends for Life Rescue Network」の創設者であるジャクリーンさんのもとに、1本の連絡が入ります。

聞けば、脊椎の奇形やせき髄の異常が現れる「マンクス症候群」に罹った子猫が見つかったとのこと。

 
施設に届けられた子猫はリアムと名づけられ、適切な医療ケアを受けることになりました。

同じ病気の子猫

それから1週間後、同様の遺伝性疾患に罹っている別の子猫が見つかります。

どうやら、リアムの妹のようです。

 
アンバーと名付けられた彼女もためらいなく引き取ったジャクリーンさんは、回復するまで2匹を隔離し、治療を続行。

 
やがてリアムは里親ファミリーのもとへと引っ越し…

しばらくしてアンバーも、同じお家に里子として送られました。

 
やんちゃな兄と、おしとやかな妹。

性格こそまるっきり正反対の彼らですが…

 
いつも一緒に家中を走りまわっているのだとか(*´艸`*)

関連:【子猫】 寒さで息も絶え絶えだった子猫2匹。それでも徹夜の看病で一命を取り留めると、すくすく成長していき…!?

仲良し兄妹

定期的に検診を受ける必要はあるものの…

やがて2匹は、ともにすっかり元気になりました。

 
愛らしい彼らがいつまでも幸せに暮らせるよう、切に祈っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ