【子猫】とある民家の周辺で鳴き続けていた、独りぼっちの子猫。里親のお世話になっているうちに、思わぬ展開になって…?

とある民家の周辺に姿を現した、生後2ヵ月ほどの子猫。

 
住人は、ドアを開けるや否やすり寄ってきた彼女を保護し…

すぐさま動物レスキュー団体「Chatons Orphelins Montreal」に連絡しました。

甘えん坊な子猫

キーラと名づけられた子猫は、耳に皮膚病が見つかったため、動物病院でケアを受けることになりましたが…

辛抱強く治療を続けた結果、5週間ほどで完治したのだとか。

 
その後、彼女は里親ファミリーのもとへ引き取られます。

最初の数日間は、里親ママに抱っこをせがんだそうです。

先輩猫も子猫を可愛がり、とても幸せに暮らしていました。

 
家ではママの後ろをついて歩き、かまって欲しいときにはゴロンと転がり、万歳ポーズを取るのだそう。

 
好奇心の塊のような子猫は、人間たちがしていることをじっと観察し興味津々です。

 
飼い猫としての生活がすっかり板についたキーラ。

 
やがて、ぬいぐるみのように愛らしいイタズラっ子へと成長した彼女に…

嬉しい知らせが舞い込んできました。

みんなキーラと離れられなくなってしまったそうで…

とうとう里親ファミリーに、正式な家族の一員として迎え入れられることになりました!

関連:【子猫】 野道で花を摘もうとしていたら、子猫を発見。まるで助けを待っているかのような姿に、思わず手を差し伸べたら…

強い絆で結ばれて

もう寂しい思いをしたり、空腹のあまり鳴き声をあげたりすることはありません。

 
溢れんばかりの愛情に包まれながら、幸せな「第2の人生」を歩んでほしいですね(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ