玄関先に突然現れた野良猫。痛みに苦しむ様な表情を浮かべていた彼は、その2ヶ月後…幸せな猫へと変貌を遂げた!!

アメリカ・ニューヨークのとある女性の家に突然現れた10歳のノラ猫・バスター。

 
彼は玄関の前で、前足を隠しながら座っており…

痛みに苦しんでいるかのような表情を浮かべていました。

治療の間も…我慢!

保護団体Lollypop Farm, the Humane Society of Greater Rochesterに引き取られた後、病院で診察を受けると…

やはり足に皮膚炎を患っていることが判明。

肉球は皮がむけて歩くとひどい痛みがあるため、治療の後にミトンをつけてもらいます。

 
彼はとても我慢強く、包帯を替える時ですら、喉を鳴らしていたのだとか。

バスターは優しくて、愛情深いんです。

 
数週間後、順調に回復を遂げた彼はミトンを外し…

しばらくの間、幹部を舐めたり噛んだりしないようカラーをつけることに。

 
やがて、そのカラーも必要なくなった際には…

 
ツナのおやつとスタッフの盛大な『ナデナデ』でお祝いしたそうです(笑)

関連:ご飯をあげたら、心を開いてくれた野良猫。のちに「猫エイズ」であることが判明した彼は…それでも、大きな幸せを掴んだ

ノラ猫から飼い猫に…

まもなく足が完治すると、めでたく生涯のお家へと旅立っていったバスター。

 
2ヶ月もしない間に、まるで別の猫のように生まれ変わりました。

 
かつての不安げだった眼差しからは、希望と幸せが溢れています。

 
これからも優しい家族の元で、幸せに暮らしていけるよう願ってやみません(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ