【子猫】 衰弱しきって『一晩もつかわからない』と言われた子猫。しかし小さなファイターは皆の予想を裏切り、戦い続けた!

ある日、米カリフォルニア州で保護された1匹の子猫。

とても衰弱しており、低体温症に栄養失調、そしてひどい上気道の感染症も患っていました。

 
保護団体「Friends For Life Rescue Network」のメンバーであるジャクリーンさんは彼女を引き取ると、獣医の元へ急ぎます。

ぐったりした体を、足の上でこすりながら運転しました。

 
治療を受けて、なんとか一命を取り留めることができましたが…

その後も容体は悪く、一晩持つかもわからない状態だったと言います。

身体の大きさから生後2週程度だと思っていましたが、生後5週だとわかったんです。

 
しかし、ジーナと名付けられた小さなファイターは決して諦めませんでした。

戦い続けて

生きるために戦い続けたジーナは、次第に回復を遂げていきます。

ご飯に興味を示し始め、トイレも自分でいけるようになりました。

 
その後、預かりボランティアのロキシーさんの元へ引き取られると…

2日目に、彼女を強く噛んだのだとか。

ここまで回復したのかと思い、とても誇らしく思いました。

 
そして5日後には、いたずらっ子の一面も見せ始めます。

 
点滴を受けた後は背中が寒くなってしまうため、特別なセーターも作ってもらいました。

 

ジーナは素晴らしい子猫に変貌を遂げました。

愛情深く元気一杯で、犬の友達が大好きなんです。

 
やがて、準備が整った後に素敵な飼い主が見つかり…

彼女は「生涯のお家」へと旅立っていきました。

関連:【子猫】保護した幼い子猫は、男性の口ひげを母猫と勘違い!? 大きく成長しても、甘えん坊な性格は変わらなかった!

たくましい猫へ

3歳を迎えたジーナに、もう弱々しかった子猫の面影はありません。

 
これからもたくさんの幸せが彼女のもとへ訪れるよう、心から願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ