授乳のため、子猫を職場へ連れていった女性。結果…同僚たちがメロメロに!?

ある日、アメリカ・テネシー州の保護団体Young Williams Animal Centerのメンバーの女性は、ジョーイという1匹の子猫を預かります。

 
まだ幼い彼女には、数時間おきの授乳が必要です。

そこで女性は、自身が勤めるグラフィック・デザインの会社へジョーイを連れて行くことにしました。

みんなに愛されて…

 
オフィスはいつもとても静かでしたが…

その日から、ミルクの時間になるたび、小さな子猫の可愛らしい鳴き声が響き渡ります。

 
キーボードを横切ったり、よちよち歩きでコーヒーカップを偵察したり、気ままに過ごすジョーイ。

自分でトイレに行けるようになれば、変わるかもしれませんが…

今のところはほとんどお昼寝しています。

 
ブランケットに包まれてのお昼寝タイムもお気に入りです。

 
同僚達もみんな、オフィスに猫がいる生活を楽しんでいるようで…

代わる代わるお世話をしてくれると言います。

みんな交代で子猫をデスクに連れて行くんです。

締め切りのストレスからのいい気分転換になります。

 
お仕事が終わると、預かりママの腕でぐっすり。

 
こんな可愛い仲間がいたら、仕事がはかどりそうですね!

関連:立派に子育てを終えた、元ノラの母猫。しかし彼女自身の引き取り先が決まらず…

引き取り先は…

やがて生後3ヶ月になったジョーイ。

新しい家族の元へ旅立つ準備も整いましたが…

 
預かりボランティアの女性は、彼女から離れることはできませんでした。

 
そしてジョーイを引き取り、本当の家族になることを決めたそうです。

 
優しいママに見守られ、すくすくと育った子猫は…

 
今日もオフィスのみんなの心を癒していることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ