病気の野良猫を引き取るも、人間に怯えて全く心をひらいてくれない。それでも、飼い主が「無償の愛」を注ぎ続けた結果…!!

米ミシガン州の路上で、病気に侵された1匹の野良猫が発見されました。

 
その出来事をFacebookで知ったカサンドラさんは…

いてもたってもいられず、恋人のブレイクさんとともに彼女を迎えにいきます。

心を開くまで

カサンドラさんと出会った野良猫は、非常に怯えていましたが…

同時に、見知らぬ人間から逃げ出すことも出来ないほどに衰弱していました。

彼女の姿には心が痛みましたが、同時に愛おしさも感じました。

助けなければならない、というだけではなく、助けてあげたい、と強く思ったんです。

 
カサンドラさんは、怯える彼女をお風呂に入れたのち、すぐに緊急病院へと連れて行きます。

 
パンダベア、と名付けられた子猫は、生後1年半ほどにして、体重が2.5ポンド(約1.1キログラム)ほどしかありませんでした。

また、その身体には虫が集っていた上、口の中もかなり荒れていたそうです。

彼女の身体は、自身の歯垢に対してアレルギー反応を起こしていました。

そのせいで、歯茎や唇、舌の両端が炎症になっていたんです。

 
またパンダベアは…

カサンドラさんたちが自分の部屋へ来るたびに粗相をしてしまうほど、人間に怯えていました。

 
簡単には拭えない恐怖。

それでも、カサンドラさんは挫けずに、無償の愛情を注ぎ続けます。

 
そして、パンダベアを保護してから一ヶ月ほど経過した頃。

彼女はようやく心を開き、その家にやってきて初めて、のどを鳴らしてくれたのだとか。

 
それは、幾日にも及ぶカサンドラさんの努力が報われた瞬間でした。

 
ひとたび心を開いてからは、どんどんと甘えん坊に!

身体を撫でてもらったり、ブラッシングをされるのも大好きになったといいます(*´艸`*)

関連:【子猫】 路地でさ迷う子猫たちを、寒い冬が来る前に保護したい。最後の1匹がなかなか捕まらなくとも、諦めずに探し続け…!

生まれ変わった

やがて体重も7ポンドにまで増え、病気からも無事に回復。

歯が2本しかないために、常に舌を突き出したような表情になってしまいましたが…

それもまた、愛嬌ある個性の一つです。

いつも私の後ろにくっついて来て、構ってもらおうとするんですよ。

ここまで懐いてくれたのは、本当に驚きですね。

 
何もかもに怯えていた野良猫から、愛される喜びを知った飼い猫へと変貌を遂げたパンダベア。

彼女の運命を変えてみせたカサンドラさんの献身に、心からの拍手を贈ります。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ