【子猫】下顎がずれているため、いつも舌が飛び出てしまう子猫。飼い主を一目惚れさせたチャーミングな表情に…みんなメロメロ!

カナダ・ブリティッシュコロンビアで母猫と兄弟たちと共に保護され、動物病院へとやってきた子猫。

彼の下顎は外側にずれているため、小さな舌はいつも口から飛び出していました。

頭蓋骨もわずかに変形していて、体重は400gに満たないほどだったんです。

 
マグ-と名付けられた彼は、口を大きく開けて噛むことができないので、缶詰の柔らかいごはんしか食べられませんが…

その他は普通の猫と変わらない健康体でした。

一目惚れ

マグーを見た動物看護師のナタリーさんは、その日の夜に彼を家に連れ帰ったそう。

完全に恋をしてしまいました。

彼を抱き上げると、手に完璧にフィットして…

ふわふわのソウルメイトに出会えたと思いました。

 
やさしいママの元で、すくすくと成長していったマグーは…

その後4歳を迎えて、ますますハンサムな猫に。

 
ナタリーさんは、毎朝「こんな光景」で目を覚ますそう(*´∀`*)

 
ヤンチャな彼は、犬や人のご飯を盗み食いしたり、カウンターに飛び乗ったり、お兄ちゃん犬に突然襲いかかったりながら、日々を謳歌しているそうです(笑)

初めて出会った時、彼には私が必要だと思いましたが…

必要だったのは私のほうでした。

彼は私の人生を変えてくれたんです。

関連:【子猫】 ご飯をくれる優しい男性の庭に現れた、ノラ猫とその子猫。結ばれた「確かな絆」に、胸がグッと熱くなる…!!

幸せに包まれて

チャーミングな表情で、みんなを魅了するマグー。

 
これからも大好きなママのもとで、楽しい思い出を紡いでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ