【子猫】 民家の壁の隙間に挟まり、出られなくなってしまった子猫。間一髪で救助されると、その愛らしさで里親を魅了して…

米カリフォルニア州のとある家に暮らしていた人々は…

どこからか、猫の鳴き声が聞こえてくることに気が付きます。

※イメージ

 
音の出所は、どうやら壁の中。

声の主は幼い子猫で、壁の隙間に挟まって身動きが取れずにいるようでした。

救出劇

その日は気温が高く、ひどい熱波がカリフォルニア州を襲っており…

放っておけば子猫の命が危ういことは、目に見えて明らかです。

 
そこでその家の住民は、道具を使って壁に穴を開け…

どうにか子猫を救出したのち、すぐさま緊急の動物病院へと連れて行ってあげました。

 
獣医師によれば、「救助が数時間でも遅れていれば、命はなかっただろう」とのこと。

 
そんな子猫の事情を、動物病院で働く知人から聞いたクリスティンさんは…

彼を里親として引き取り、ウォーリーと名付けて養育することに決めます。

 
まだ幼いウォーリーは、四六時中お世話が必要なため…

クリスティンさんは、どこへ行くにも彼を連れて行きました。

仕事に行くときはカンガルーのように、ポーチに入れていきました。

クライアントの方々には、『新しい息子が出来た!』なんて茶化されましたね。

 
ウォーリーも、自分をお世話してくれるクリスティンさんによく懐きます。

ご飯の後は決まって彼にすり寄って、構ってほしそうに鳴くのだとか。

やることはたくさんあったし、寝不足の日も続いたけれど…

それに見合う以上の価値があったと思います。

 
先住猫のスクイーカーともあっという間に打ち解け、まるで姉妹のように、仲良く走り回っていたそうです。

生まれてすぐに困難を経験したけれど、それでも彼はとても強い子です。

怖いもの知らずで我慢強くて、それに元気いっぱい。

これからは、どんな壁も彼の道を塞ぐことは出来ないでしょう!

関連:【子猫】 立派な口ひげを持つ子猫。元気いっぱいな彼は…その愛らしさとハンサムな見た目で、あらゆる人を虜にした!!

予定変更!

もともとは、里親として一時的に預かるだけの予定でしたが…

気づけば、ウォーリーの愛らしさにメロメロになっていたクリスティンさん。

婚約者といっしょに、そのままウォーリーを飼い続けることに決めました。

彼も家族の一員です。

 
お互いにかけがえのない家族となった、クリスティンさんとウォーリー。

これからもきっと、素敵な生活が待ち受けているに違いありません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ