【子猫】 トレーラーハウスの下で、身動きを取れずにいた子猫。 手厚いケアを受けるうち、どんどん人間に懐いていって…?

米フロリダ州の駐車場にて、カルメンさんは猫の鳴き声を耳にします。

どこから聞こえるのかと、音を辿ってトレーラーハウスの下を覗き込むと…

 
そこには、まだ小さな子猫の姿が。

どうやら右足が植物のツタか何かに絡まってしまい、その場から動けなくなってしまったようです。

救助活動

人間の姿に気付いた子猫は、まるで助けを求めるかのように、よりいっそう大きな声で鳴き始めました。

カルメンさんは子猫を救うため、地元の保護団体に連絡を取ります。

 
やがて、かなりの労力を必要としたものの、どうにか子猫の救助に成功。

そのままカルメンさんは小さな彼を連れて、動物病院に駆け込みました。

植物のツタが絡まっていたせいで、右前足に血流が行き渡らず、パンパンに腫れてしまっていたのです。

獣医の先生は、子猫の状態に問題がないか、徹底的に検査を行いました。

幸いにも、骨折などはしておらず、血流にも問題はありませんでした。

 
カルメンさんは、子猫にブルーという名前を与えて、自宅へと連れ帰ります。

 
お風呂に入れてもらい、ノミも取り除いてもらって、気分もかなりマシになった様子。

 
そしてカルメンさんの手厚い看護を受けるうちに、右手の腫れも少しずつ引いていきました。

少し右曲がりになってしまったので、マッサージを施してあげています。

時間はかかるけれど、元のまっすぐな形にちゃんと戻るみたい。

 
救助されてから数日後には、元気に遊び始めるように。

新しいおもちゃや、やわらかいもので遊ぶのがお気に入りだと言います。

 
けれども、何より大好きなのは…

やっぱり自分を助けてくれた、優しい保護者のカルメンさんに抱っこしてもらう時間。

 
まさに至福といった表情ですね(*´艸`*)

関連:【子猫】 野道で花を摘もうとしていたら、子猫を発見。まるで助けを待っているかのような姿に、思わず手を差し伸べたら…

安心安全な暮らし

その後、無事に「生涯の家」が見つかって、ブルーはカルメンさんのもとから引き取られていきました。

 
愛らしい子猫が、もう危ない目に遭うことはないでしょう。

安全で快適な屋内で、幸せに暮らしていって欲しいものです。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ