風邪で目が開かなかった子猫は…ケアを経て、美しい瞳を見せてくれた

米ロサンゼルスの住宅街にて、大通りを渡ろうとしていたところを保護された1匹の子猫。

猫風邪による目ヤニがひどく、目を開くことができない状態だった彼女は、動物保護団体である「TNR Now」に運ばれました。

栄養状態がとても悪く、手のひらほどの大きさしかありませんでした。

ふわふわの毛の下は…ほとんど骨だったんです。

目を開くと…

シュガーバグと名付けられた子猫は、経験豊富な里親ボランティアであるニッキーさんに引き取られることに。

ニッキーさんは、さっそく注射器を使って彼女のお腹を満たすと、抗生剤で感染症の治療に取り掛かります。

子猫用のご飯をスープのようにして与えたり、特別なジェルで栄養補給したりしました。

 
お腹を空かせた極限状態で、なんとか生き延びていたのでしょう。

シュガーバグは、初めの数日は寝てばかりいました。

ニッキーさんは24時間体制のケアで、そんな彼女をサポートします。

 
数日後、ようやく遊べる程度にまで回復したシュガーバグは…

目をパッチリと開き、美しい青い目を見せてくれました。

 

本当に可愛くて、優しい性格なんです。

この子が一人ぼっちで怯えながら、お腹を空かせて生きてきたなんて想像できません。

 
その後の経過は順調そのもの。

弱りきっていた子猫は、当初の姿から見違えるように、たくましくなっていきます。

関連:『当時は小さかったのに』 この猫の「現在の姿」が予想外すぎた!?

これで一安心

そして、ニッキーさんの元へ引き取られてから20日



体重は3倍にも増え、顔付きもしっかりしてきました!

 
本来の美しさを取り戻したシュガーバグ。

どうかこれからも、すくすくと成長していってくれるように祈ってやみません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ