意味がわからない!高校生がグラフで描いたドラえもんがスゴすぎる


タグ

高校生が 数学の知識を駆使して描いた『ドラえもん』のクオリティが高すぎると話題になっていました。

作成したのは高校3年生の うっちー (@oritomo920) さん。

まず最初にうっちーさんが高1の時に数学Ⅱの知識で描いたドラえもんがこちら。

CCY0L5uVIAEl83N

規則正しい円と線で作られたドラえもん。この辺りが数学Ⅱの限界のようです。(偉そうに言いましたが、よく分かっていません。)

 
そして、今回 高校3年生になったうっちーさんが数学Ⅲの知識で描いたドラえもん。

CCY0Ko1UsAEp5XM

すごすぎる((((;゚Д゚)))) 唇の形まで完全にドラえもんです!

 
式もアップしてくれていますが、お恥ずかしい話、見ても意味がわかりませんでした(・_・;)

CCY0LUaVIAABIL9

 
Twitterでは…

●すごーい。高校からの数学はチンプンカンプンだったので脱帽しちゃいそう。
●数学のわかりやすい成果ですね☆
●フォトショでも使われている、ベクター線の良く解る例え。
●初めて数学を学ぶ意味がわかった気がする!
●日本の授業にはこういう成分が足りない

など、賞賛のコメントが多く見られました。

 

 
ちなみに、このドラえもん…どんな技術が使われているのでしょうか!? うっちーさんは、そんな疑問にもキチンと答えてくれていました。

 
って言うか、無理関数って何ですか!?(笑)。

それはさて置いて…作成するのに、どれくらいの時間を要するのでしょうか?

 
数学Ⅲを勉強するところからはじめて7時間? もしかして高校2年生の終わりの春休みに数学Ⅲを予習して、そのまま描いちゃった感じでしょうか((((;゚Д゚))))

 
きっと、普段からそういう部活動をしているとか…?

 
え!?まさかの陸上選手。

参りました(´・ω・`)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ