【子猫】独りぼっちで現れた、前足が折れ曲がった子猫。前向きに「生きる意志」を持ち続けた彼に…やがて、優しい家族ができた

ある日、米インディアナ州に住む女性の庭に現れた1匹の子猫。

前足は内側へ折れ曲がっており、腕を使って歩いていたそうです。

 
彼を保護した女性は、自分の手には負えないと判断し…

保護団体「Here Kitty Kitty Rescue」に協力を求めました。

外の環境で、どうやって5週間も生き延びられたのかはわかりませんが…

彼は「生きたい」という強い意志を持っていたんです。

 
スクーターと名付けられた子猫は、さらに目にも感染症を患っていたにも関わらず…

撫でられるとすぐに喉を鳴らし始めたと言います。

 
新しいおもちゃが大好きで、いつも人と一緒にいたがるのだとか。

 
獣医で検査を受けた彼は、病院のスタッフたちと遊び、その腕の中で眠ってしまいました。

新しい生活

検査の結果、腕の障害は生まれつきのものだと判明。

腕が長い間内側へ曲がっていたので、骨の成長に影響があるようです。

まだ身体の小さな彼には手術ができないため、当面はストレッチなどのリハビリを行います。

 
7週を迎え450gになった彼は、新しい生活をとても楽しんでいる様子。

代理ママと4匹の子猫たちに加わって、まるで本物の家族のように過ごしています。

 
兄弟たちは彼に寄り添うのが大好き。

 
おもちゃで遊んだり、兄弟と一緒にお昼寝したり、頭を撫でてもらったり…

もう独りぼっちで寂しく感じることはありません。

関連:【子猫】 犬にお世話され続けたヤンチャな子猫は、やがて『自分も犬に違いない!』と思い込んでしまったようで…?

生涯の家族のもとへ…

その後、体調も回復しリハビリも順調に続けているスクーター。

飼い猫となる準備が整うと、すぐに家族として迎え入れたいという人が現れました。

 
先輩猫にも、すっかり気に入られた様子。

 
障害にも負けず、たくましく生きる小さな子猫。

その前向きな姿は、これからもたくさんの人々を勇気付けることでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ